ラムダッシュ3枚刃をレビュー!5枚刃よりもオススメの理由を解説

ビジネスマンの毎朝の準備に欠かせない「シェービング」。

安くても一つ、1万円くらいしますし、せっかく買ったんだから長く使いたい、という気持ちもありますよね。

シェーバーは服と違って、買う前に試し使いなんてできないからこそ、失敗が許されない買い物です。

いろんなシェーバーを使ったけど、どれがいいのかわからない。そんな人も多いかと思います。

そんな方には、パナソニックの「ラムダッシュ3枚刃」をオススメします。

今回は「ラムダッシュ3枚刃」がおすすめの理由と、実際に使ってみた感想を説明しますね。

「5枚刃」と「3枚刃」で迷っている方もぜひ、最後まで確認してみてくださいね。

ラムダッシュ3枚刃の購入はこちらからどうぞ↓↓

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥14,864 (2024/06/13 18:34:58時点 Amazon調べ-詳細)

まず始めに、ラムダッシュ3枚刃とはなにか、説明しますね。

ラムダッシュ3枚刃とは

引用元:パナソニック

パナソニックが展開している男性用シェーバー「ラムダッシュシリーズ」のシェーバーで、刃が3枚のタイプです。

中央にアゴ下の長い毛を処理する「トリマー刃」と、上下に「深剃り刃」を2枚搭載しています。

引用元:パナソニック

LTから始まる型番はドライ剃り用、STから始まる型番はウェット剃り(お風呂剃り)用です。

ウェット剃りはジェルやシェービングフォームを使ってカミソリ感覚で剃ることができます。

1分間に13,000回のストロークを可能にした高速リニアモーターで、濃いひげも深剃りする優れものなんです。

引用元:パナソニック

なぜ、ラムダッシュ3枚刃を選んだか

先に、私が過去に使ったシェーバーと比較して「ラムダッシュ3枚刃」を選んだ理由を説明しますね。

過去のシェーバー履歴

  • BRAUN往復式
  • PHILIPS回転式
  • ラムダッシュ5枚刃往復式

・BRAUN往復式

引用元:BRAUN

最初に私が選んだのは、ドイツのBRAUN(ブラウン)往復式シェーバーでした。

2年ほど、使いました。

全体的な感想としては、ひげが濃い目の私にはピッタリの「深剃り」のシェーバーでした。

頬や顎など、硬い部分はしっかりと剃れていましたが顎から下、首元の柔らかい部分の剃りが弱かった印象です。

・PHILIPS回転式

引用元:PHILIPS

次に、私が選んだのは、オランダのPHILIPS(フィリップス)回転式シェーバーです。

こちらも2年ほど使いました。

特徴的な3枚の回転式の刃が肌の曲線にも密着し、ブラウンでは苦手だった首元の部分をしっかりと剃ってくれると期待したからです。

結果として、首元部分はキレイに剃ってくれました。

その分、ブラウンと比べて「深剃り」ではなかった印象です。

夕方以降になると、顔全体にひげが伸びてくるのが気になっていました。

・ラムダッシュ5枚刃往復式

最後に、私が直近まで使っていたのはラムダッシュ5枚刃往復式でした。

剃り心地もよく気に入っており4年ほど、刃を変えながら使っていましたが、バッテリーの持ちが悪くなってきたため、とうとう交換することに決めました。

以上、私が過去に使っていたシェーバーの説明でした。

総評としては、ラムダッシュ5枚刃往復式が一番、使いやすかったと思います。

じゃあ、また同じものを買えばいいじゃん!とも思いましたが、今回はあえてラムダッシュ3枚刃にしたんです。

5枚刃より、刃の数が少なくなったら、剃り具合も変わってしまうのでは、という心配もありましたが、私がなんでラムダッシュ3枚刃を選んだか、理由を説明しますね。

ラムダッシュ5枚刃の次に3枚刃を選んだ理由

  • 価格
  • 口コミ
  • 友人からのひとこと

価格

私が、ラムダッシュ5枚刃の次に3枚刃を選んだ理由一つ目は「価格」です。

ラムダッシュ5枚刃の価格は20,000円台前半~4万円台です。

ラムダッシュ3枚刃の価格は8,000円台~20,000円台前半です。

刃数は同じなのに、価格に幅があるのは気になりますよね。

この価格の差は機能というよりかは、「付属品の差」と「充電コードに繋ぎながら剃れるか」の違いといっていいでしょう。

ラムダッシュ3枚刃の方がお手頃価格で、気軽に買えそうでした。

口コミ

私が、ラムダッシュ5枚刃の次に3枚刃を選んだ理由二つ目は「口コミ」です。

どのレビューを見ても、悪い口コミが目立たなかったので、安心して決断ができました。

友人からのひとこと

そして、最終的に私が、ラムダッシュ5枚刃の次に3枚刃を選んだ理由3つ目は「友人からのひとこと」でした。

家電量販店の販売員をしている友人に「ラムダッシュは5枚刃と3枚刃、どっちがいいの?」と質問をしたところ、「剃り味は一緒」と言われました。

その友人は長らく、ラムダッシュ3枚刃を使用しているそうでした。

こうして、剃り味もよさそうで、口コミもよかったので、お手頃価格の「ラムダッシュ3枚刃」を買うことに決めたわけなんです。

いよいよ、私がラムダッシュ3枚刃を買って、実際に使ってみた感想を説明しますね。

開封

家電量販店で16,800円で購入しました。

充電コード、ブラシ、刃に挿すオイルが付属しています。

 実際に使ってみてわかったラムダッシュ3枚刃の本当の実力!

ラムダッシュ5枚刃を使っていた私が、実際にラムダッシュ3枚刃を使ってみて、「3枚刃」もとても魅力のあるシェーバーであることに気が付きました。

使ってみた感想を説明しますね。

  • 握りやすいスリムグリップ
  • 簡単に洗浄
  • 切れ味のよさ
  • 泡メイキングモード搭載

握りやすいスリムグリップ

ラムダッシュ3枚刃のグリップはスリム設計です。

握りやすく、軽いのでカミソリの様に逆手持ちもできるんです。

グリップの直径なんて、ほんの少しの差ですが、この「少しの差」でも毎日使うと、大きな違いだとわかりました。

毎朝の5分ほどの作業がとても楽になりました。

簡単に洗浄

ラムダッシュ3枚刃は洗浄がとても簡単です。

剃ったひげが少ないときは、ヘッドを外さずにひげを洗い流せます。

忙しい朝はこのちょっとした手間の少なさが助かりますね。

ヘッドを外して、水を流したあとも、5枚刃と比べてひげの残りが少なかったです。

切れ味のよさ

シェーバーで重要視されるのは、なんといっても「切れ味」ですよね。

ラムダッシュ3枚刃の切れ味はとても良かったです!

5枚刃と比べて、刃が2枚も少ないので最初は心配してましたが全く劣ることはなかったです。

わたしの肌はお見苦しいかと思い、写真は載せておりませんが、今まで、なかなか剃れなかった首元の部分も剃り残しなく、キレイに剃れました。

泡メイキングモード搭載

私が気に入ったのは、「泡メイキングモード」です。

好みの洗顔料を小指第一関節くらい、手のひらに乗せ、シェーバーのヘッドを当てれば10秒ほどで、顔そり用の泡ができるんです。

顔に泡をつけて剃ったほうが、剃り加減もよく、肌にも優しいので重宝してます。

泡立てるのが、面倒くさい、という人には、泡状のハンドソープを直接、刃につけても使えますよ。

以上、ラムダッシュ3枚刃を実際に使ってみて感じた魅力を説明しました。

そして、気になるのは買ったあとのメンテナンスですよね。

シェーバーは細かい部分にヒゲカスが溜まったり、水垢がついたりと、使っていくうちに汚れが気になりますよね。

そこで、ラムダッシュ3枚刃を半年間、使ってみた後の写真を紹介しますね。

ラムダッシュ3枚刃 使い始めて半年後

ラムダッシュ3枚刃を購入後は毎朝使ってましたので、180回くらいは使用しました。

メンテナンスといえば、毎回使ったあとの水洗いのみです。

こちらが、使用開始から半年後の「ラムダッシュ3枚刃」です↓

↓切れ味もまったく衰えておりません

ヒゲカスもまったく溜まらないので、いつも清潔です↓

半年使って、「ラムダッシュ3枚刃」は、かなり汚れにくく、メンテナンスがしやすい、と感じました。

過去のシェーバーは、つまようじや綿棒で汚れやヒゲカスを掃除しなければなりませんでしたが、「ラムダッシュ3枚刃」はまったく、掃除が不要なんです。

この、日々のメンテナンスのしやすさ、汚れにくさも、とても気に入っております。

以上、「ラムダッシュ3枚刃」を使ってみた感想を紹介しました。

あなたの顔をキメる毎朝に欠かせないシェーバー「ラムダッシュ3枚刃」のご購入はこちらからどうぞ↓

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥14,864 (2024/06/13 18:34:58時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

ラムダッシュ3枚刃と5枚刃、両方使ってみて感じたことは、「切れ味に大差はない」ということです。

3枚刃の方が軽くて使いやすいですし、価格もリーズナブルです。

もちろん、ブラウンやフィリップスと比べたら「ラムダッシュ」が断然オススメです。

日本人のきめ細かい肌には、日本のメーカーが一番、合っていると思うからです。

そして、あなたがラムダッシュシリーズで、どれにしようか迷っているのでしたら「3枚刃」をオススメします。

剃り残しなく、きれいにひげが剃れると、朝の通勤も気持ちがいいですよね。

毎朝、自信のある顔つきで仕事にのぞみましょう。

Scroll to Top